読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

一文字なら何とか!

D5F55BBC-D433-48FE-A361-63E4CD103C05.jpg
昨夜は手織りをしてもまだ時間が余ったので、カルタをやりました。
最初は読み札を見せてマッチングしながらやってみました。
あっという間に絵札を取ってました。
そこで、読み札を見せずに私の声だけで読み上げてみました。
「ありがとう〜」や「うんどうかい〜」などと、文章を読んでしまうと何を取ったら良いのか全く分からないようです。
それで、頭文字だけ「あ」や「う」と読み上げました。
そうすると、50音全て絵札を取ることが出来ました。
一文字なら何とか聞き取れるようですね。
だけど、単語にしちゃうと理解不能になるようです。
ということは、私たち周りの人間も息子に合わせたコミュニケーションを取らなくてはならないということが分かってきます。
「寄り添う」ということは、こちらに息子が合わせるのではなく、こちらが息子に合わせることです。
口だけで酸っぱく何度でも話し掛けたところで、本人は嫌がって逃げ出すだけです。
理解出来る接し方を心掛けることが最重要ですね。
なかなか難しいですが。。