読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

小学校のたより

日記
ふと、地元の小学校のたよりに目を引く文章が載っていたので取り上げてみました。
42909F02-C225-4630-925D-173432FF2800.jpg
校長先生が年頭の挨拶として寄せたものですが、とても心に響きました。
とかく、こうしたものは差し障りのないよう、子供たちの成長を願ったり、何か季節の風物詩を取り上げたりして、サラリと流す文章が多い中で、敢えてアスペルガー症候群の少年のことを取り上げていることに感動を覚えました。
要するに、SMAPの解散と結び付けたかっただけなのかもしれませんが、私も常々息子に対してただのオンリーワンより実のあるオンリーワンでいて欲しいと思っているので、とても共感が持てました。
普通の小学校にも、こうした少しでも発達障がいについて知識のある先生がいてくれることは有難いですよね。
しかも、トップの校長先生ですから、とても頼り甲斐があるかと思います。
こんな校長先生のいる小学校に息子を通わせたかったなぁ。。
なんてね。