蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

面倒な受給者証

健康パークに連れてってもらっているほうの事業所から、「新しい受給者証のコピーをさせてください。」と連絡がありました。
あいにく、受給者証は今月の移動支援の延長申請のために提出していて手元にありません。
早くて20日前後か、下手すると仕事納めギリギリかも!
ったく、昨年度までなら地元の行政センターでチョチョっと延長申請が出来て、2日後くらいにはすぐに受給者証が戻ってきたもんです。
ところが、今年度から本庁に全ての業務が奪われて、まあ戻ってくるのが遅いこと!遅いこと!
おかげで事業所も利用者もえらい迷惑だ。
面倒な延長申請など止めて、いっそ支給量を増やしたらどうなのかしら?
対象者全てに均一にサービスを提供するためだとか何だとか言って、結局業務が煩雑になったら身も蓋もないのではありませんか?
早よ返せ!受給者証。