蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

プラネタリウムを拒否

昨日は新米のオッチャンヘルパーさんと2回目の移動支援でした。
定番の富山市科学博物館に行きました。
しばらく気象情報のパソコンで遊んで、プラネタリウムの時間が来たので誘ったところ、「パソコンがいい!」と拒否したそうです。
そんなに好きなのか?
インターネットが出来るわけではないのでチビッコさえ触らないから、本当に息子の独壇場になってるのでしょうね。
アンパンマンのパソコンも好きだしなあ。
パソコンが壊れてから我が家はiPadオンリーなんだけど、安いパソコンでも買ってやろうかしら?
アンパンマンの写し書きももうダラけて豆ちょな文字しか書かないものねえ。
代わりに毎夕2時間くらいパソコンさせるようにしようかな?
ちょっと考えてみます。