蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

今年も2千円

明日と明後日は作業所の旅行です。
さて、小遣いはどうしたものかと後輩の女の子たちの母にメールしましたが、作業所からは何も聞いてないとのことでした。
物凄い豪華なしおりを作る割には肝心なとこが雑ですねえ。
もう3年目やから慣れたけど。。
去年のブログを見たら、1人ずつ2千円が配分されたと書いてあるので、また余計目に2千円持たせることにしますわ。
施設によって対応がエラい違うなあと最近染み染み思います。
ビックリするくらい細かな連絡帳があったり、ラインで写真を送ってくれたりする施設がある反面、毎日家まで送迎しているのに全く音沙汰のない(簡単な連絡事項はあるけど。。)施設もあったりと色々です。
施設の形態がそうさせるのでしょうけれど、親としては何もないよりあったほうが嬉しいなあ。。
どの施設も我が子を大切にしてくださってることには変わりはないのは分かっているんですけどね。