蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

県民大会

障がい者の人権や尊厳に関する県民大会に行って参りました。
中ホールでしたが、身体障がい者など他の障がい者団体の方も多数駆け付けてくださり、満員になったことを嬉しく思います。
また、育成会と富山県とが手を結んで開催に至ったことに誇りと感動を覚えました。
久しぶりに石井知事も拝見し、富山県障がい者に対してバッグアップしてくれるものと期待しております。
77782487-A921-4176-AEBC-5B2FB9D093D0.jpg
8433ED9A-A577-47B1-8D84-C218DD86E511.jpg
会場には育成会の障がい者本人の言葉や保護者の言葉が多く寄せられていました。
まさか直筆をそのまま貼られるとは思っていませんでした。
パソコンで起こしてくれると思っていたので、字の間違いをそのままにしてしまいましたよ。
アレーッ!!
今回は急なことで役員にしかメッセージが募集されなかったようです。
日頃から障がい者や福祉に対して秘めた思いを持つ保護者は多いはずです。
育成会の広報などで一般の会員の声も拾えたら良いですよね。
P.S.  今日の県民大会は欲張り過ぎていろんな団体からメッセージをもらった関係で、リレーメッセージの意味を分からず長々と演説するジイさんなどもいたので途中で帰っちゃいましたよ。