蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

年金額改訂通知書

お父さんの会社から扶養者は扶養となり得る証明書を提出するよう連絡が来ました。

私は納税証明書を一通、息子は納税証明書と障がい者基礎年金の年金額改訂通知書のコピーを提出しなくてはいけないそうです。

年金額改訂通知書はこの前年金センターから送られて来たばかりで、毎年保管はしているけれど、役に立ったのは初めてです。

健康保険組合もチェックが厳しくなって来ましたね。

 

今日は皮膚科の受診日。

税務課は去年から皮膚科医院の近くの行政サービスセンターへ集約されてしまったので、皮膚科が終わってから息子と一緒に行って来ました。

息子も連れて行けば、書類に書く項目が少なくて済みますからね。

本人がいないと代理人欄に署名したり判子を押したりと厄介ですから。

程なく納税証明書をもらって、10分くらい作業所を遅刻しましたが、いっぺんに物事を済ませることが出来ました。