蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

加算が増えた!

昨日は末尾で、例のごとく給付明細書を2枚持ち帰って来ました。

1枚はサインして、作業所に返します。

給付明細書: 向日葵日記

f:id:club-dandelion:20170601103356j:image

びっくりしましたよ!

今年度になって、また加算が増えているのです。

「就継B就労移行支援体制加算」と、「就継B目標工賃達成加算III」。

「目標工賃達成加算」のほうは、前年度より工賃がアップしたことによる加算なんでしょうけれど、「就労移行支援体制加算」て、何なんでしょうね?

うちの息子は就労移行サービスは既に使い切ってしまってもう利用できませんし、それなのに加算が付けられるものなんでしょうか?

加算を付けるには、それなりに利用者全員の実績表を作らなくてはいけないはずです。

役所が認可するだけの実績表を毎月提出してるってことですよねえ。

大したものだと感心してしまいます。

 

試しに、他のB型事業所に通っている人に、1日の給付費はいくらか聞いてみました。

大体5,700円になるそうです。

まあ、そんなもんでしょう。

息子が前に行ってた作業所も、その当時でせいぜい月8万7千円程度でしたから。

息子の給付費も計算してみたところ、9,040円でした。

ヒェーッ!

同じB型事業所で何だ!この差額は!

上手に加算をゲットしてくるもんだと感心してしまいます。