蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

座席がイマイチ

f:id:club-dandelion:20170919140612j:image

昨日はナゴヤドームに行っておりました。

台風が来ていたので心配しましたが、夜中のうちに通過してしまったようです。

名古屋は台風一過。

晴れて暑かったです。

ファンクラブから送られたきた招待チケットで観戦しましたが、いつもは息子の出入りがしやすいように通路側に席を取ったり、プライムシートを取ったりするのに、昨日はど真ん中の席でした。

これではトイレに行ったり、お店で食べ物を購入しに行くのも難儀です。

私だけならまだしも、息子だと周りの観客に遠慮しながら席を立つことは難しいですから、グランド整備の時に隣の人が席を立ったのを機に私たちも席を立ちました。

やっぱ端っこの席が良いよね。

来年こそはのんびりゆったりと野球を観戦したいなあと思います。

来年もいざ名古屋へ。

レゴランドにも連れてってやりたいしね。

f:id:club-dandelion:20170919141308j:image

 

 

今日からスタート

f:id:club-dandelion:20170917200325j:image

1,000ピースのジグソーパズルをするのはいつ以来だ?

アンパンマンパソコンばかりさせても良くないので、久しぶりにやってもらいました。

パズルは以前買っておいた物です。

f:id:club-dandelion:20170917200547j:image

こんな沢山のピースからよく見つけられるなあ〜。

さすが!自閉症のなせる技です。

 

 

固定された土曜出勤

8月までは、土曜出勤は好きな土曜日に出勤することが出来ました。

第1だろうが、第2だろうが、作業所が空いてたら出勤出来たんです。

ところが、今月から土曜出勤が固定されてしまいました。

2日と16日の今日です。

昨日、10月の予定表を持ち帰ってきましたが、同じように土曜出勤が固定されています。

これもまた、第1土曜日と第3土曜日になってました。

行政の指導でも入ったのでしょうか?

そうなると、もしその土曜日に予定が入っていたりすると皆勤賞はもらえなくなってしまいます。

そもそも、利用者に支給量いっぱいに出勤してもらいたいがために作った皆勤賞。

作業所は来れば来るほど儲かりますからね。

土曜出勤が固定されてしまうと、なかなか皆勤賞を狙えなくなりますね。

残念!

いっそ皆勤賞は撤廃して、その分工賃を少し上乗せするみたいな対応にしてもらったほうが良いような気もしますが、いかがでしょうか?

読める!

f:id:club-dandelion:20170915194825j:image

 

毎年行ってる「オリコム」の事業所から会報が届きました。

凄くない? - 蒲公英日記

それを目にした息子君。

「また行きたい!」といった感じで訴えて来ました。

「手織りしに行くの?」と聞くと嬉しそうに声を出して笑います。

凄いね。

何の会報か分かるんだね。

何だかますます賢くなるね。

コミュニケーション能力が日々アップしてて面白いです。

「書く」ということ

今週、育成会の先輩お母さんも地元新聞の読者欄に投稿しました。

私に感化されたようです。

また県会報に載った。 - 蒲公英日記

 

ご両親の介護について書いておられました。

何かを発信するということはとても良いことだと思います。

そうすることによって、人は自分自身を奮い立たせます。

また、文章を書くことによって優しくもなれます。

普段は、おじいさんの介護をしていて、「とんでもないことばかりして困っているのよ。」とこぼしてばかりいましたが、先輩お母さんの投稿文にはそんな小言は一切書かれていませんでした。

あれこれと文章を試行錯誤するうちに、おじいさんに対する感謝の気持ちでいっぱいになったのでしょう。

文章を書くとは不思議なものです。

素直な気持ちにさせることが出来ます。

先輩お母さんは、今回新聞に投稿文が載ったことで、晴れ晴れとしてまたおじいさんの介護に当たられているのではないでしょうか?

文章を書くとはそういう効果があると私は思います。