蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

日産リーフ

後輩の女の子のお母さんが、「作業所の送迎が日産リーフになったよ!」と言っていたので、「ふーん。」と思ってました。
そしたら、先週本当に黒のリーフが迎えに来ました。
息子君は、作業所の車だと思ってないので知らん顔して玄関の框に座っています。
職員さんがピンポンを鳴らして玄関口まで迎えに来てくれました。
(加算で買ったな。。)と思う私。
いいなあ、リーフ。
私も乗りたい!てか、運転したい!
と、何日かやり過ごすと今度はシルバーのリーフが迎えに来るではありませんか?!
加算の嵐。
息子君はまた、作業所の車だと思ってないので乗りません。
そうして、今週も相変わらずリーフには乗りたがらない息子君です。
ちょっとパターンが出来たから、いつも職員さんがピンポンしないと家から出ないようになってしまうかも。
ま、これから冬になるから良いかな?