蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

マイナンバーカード

今更だけど、ようやく昨日マイナンバーカードを取りに行ってきました。
通知は3月に来てたんだけど、ズルズルしてたら再度「取りに来い!」という催促の封書が来ました。
息子が作業所から帰って来たので2人で行政センターの市民生活課へ行きました。
「受け取りました。」という署名がいるので息子の署名は私でも良いかと聞くと、「平仮名でも良いので書いてください。お子さんは平仮名で書いてます。」と言われました。
いやー、息子は平仮名でも豆ちょ過ぎて読めないかも。。
職員さんにメモ用紙をもらって私が息子の名前を漢字で書いてみせ、それを真似して書くようにしたのだが、やはり豆ちょは豆ちょでした。
「苗字はかろうじて読めますが、下の名前は書き直してください。」と言われ、再度下の名前を平仮名で書いてみせたが、やはり豆ちょ。
ウウウ。。
それでも何とかオッケーをもらいました。
本当に字が書けない障がい者はどうするのだろう?
知的障がいじゃなくても字が書けない人はいっぱいおられるだろうにね。
この先何度もマイナンバーカードが登場するのだろうか?
とりあえず作っておいて良かったです。