蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

また手を繋いでる!

昨日は旅行の写真のサムネイルを持ち帰ってきました。
結構写っててありがたいわ〜。
どの写真も穏やかで、楽しんでいる様子が伺えます。
宴会場では浴衣を着ていました。
浴衣でははだけるからとパジャマを持たせていましたが、職員さんが着せてくれたんですね。
しかし、相変わらず後輩君と手を繋いでいる写真ばかりです。
まあ、確かに学生時代には先生と手を繋いでいたし、ヘルパーさんと出掛ける時も手を繋いではいるけれど、後輩君とは単に「そうせにゃならん!」と繋いでいるだけじゃないの?
手に汗を掻いて気持ち悪いやろ?
仲良しなのとはちょっと違う気がします。