蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

今年も直B問題

地元に住む息子の後輩君のお母さんに聞きました。

卒後はB型事業所に行くので、秋に息子の作業所でアセスメントを受けるそうです。
今年もまた、直B問題です。
何ら解決されぬまま今年も悲劇は繰り返されるようですね。
富山もA型事業所が増えましたが、誰もが働ける作業所ではありません。
うちの息子などもあんなレベルの高い作業は無理です。
かといって、生活介護サービスを受けるほどでもないという障がい者は沢山おられます。
新卒者も同じことです。
ならば何故、卒後すぐにB型事業所を利用してはいけないのでしょう?
介護保険と同様、国は現状を全く把握していません。
それぞれに応じたサービスを提供して初めて福祉です。
現状を見ようともせずに、間抜けな法規制で障がい者を縛らないでください。