蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

秋なのにすね毛

富山も朝晩涼しくなって、息子のパジャマも長ズボンにしているのですが、それでもすね毛は気になるようです。
元々なかなか寝付けない息子君。
先日から何やら真っ暗な家の中でわざと電気を点けて居間で何かをしていたのですが、それが何か今朝になってようやく分かりました。
ばあちゃんが湿布薬を小さく切るのに使っているハサミですね毛をカットしていたのです。
居間の床には無数の毛が落ちていて、ばあちゃん専用のゴミ箱にも毛がいっぱいになってました。
ゲッ!
今頃になってすね毛切りかよ。。
どうしてもすね毛は毎年切らなきゃいけないようですね。
まあ、大量にあるからねえ。
気にするなと言われても気になるわな〜。
髪の毛や眉毛は切るのにすね毛は切らなくて良いなんて理屈、理解できないですよね。