蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

学研のアプリ

1ヶ月前に有料で買った学研のアプリをようやく昨夜やらせてみました。
ADE10194-8BBB-4DE3-AFB3-B22043E4D3C1.jpg
マッチングは、1000ピースのジグソーパズルも完成させる息子だけあって、ササっとやっつけます。
83B297CA-8FF1-419D-950F-41CA1FE19BAF.jpg
ここら辺も何とかクリアしました。
7774A4A4-8C95-4325-BC49-F93104047347.jpg
迷路は最初はこの程度ならクリアできたのですが、難解なものになるともう大変!
スタートからいきなりゴールに行こうとするので、「ちゃんと道の通りに行ってよ!突き破って行かないの!」と何度も声を荒げてしまいました。
まあ、こんなもんです。
D52B7D2A-1B56-4EBD-A807-3D81EA22DF47.jpg
これなども見本のとおりに線を引く問題ですが、その「見本のとおり」という意味が先ず分かっていないので出来ませんでした。
他にも、「季節に合う絵はどれですか?」という厄介な問題などもあったりして、それはもう私が横で答えてやりました。
あと、iPadのタッチの仕方がイマイチでした。
鉛筆のイラストをグイーッと引っ張りながら(スライドさせて)点と点を結ぶのですが、正しい答えを出しているのにもかかわらず、途中で鉛筆が止まってしまって回答できないということが何度もありました。
でも、全体的に嫌ではなかったみたい。
数をこなしたらそのうちiPadの操作も慣れてくれるかな?
有料だけに問題数も多くて、全部やり終えるのに1時間半くらい掛かりました。
E4C38572-445B-4E9F-A825-0D725E3112A0.jpg
問題を答えるたびにシールがもらえますし、とてもやり応えのあるアプリだと思います。