蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

交互のビーズ

0F02C9C5-94E7-4F4C-9C27-F7C39DF8E0C0.jpg
昨晩はビーズネックレスを作ってもらいました。
前回、前々回と同じ色のビーズばかり通して、仕方なく私が手出ししていましたが、昨晩はなんと自ら交互に通していました。
さすがだ!自閉症
それでこそ息子。
などと、思う私です。
こうしたちょっとした進歩を楽しむことが自閉症者と暮らす喜びになります。
それには変化を見逃さないことです。
どの家庭でも言えることですが、「おっ!」と思うことが沢山見つけられるかどうかが鍵になると思います。