蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

ヘルパーさんに感謝

昨日も酷暑の中、ヘルパーさんとお出かけしました。
県民会館でのよさこい踊りは、もう1時を過ぎたのにお昼には行かずに観ていたらしいです。
最後まで観たいこだわりでしょうね。
昼食は屋台で焼きそばを買ったそうですが、どうしてもおにぎりを食べたいと言い張ったとか。
どの屋台にもおにぎりは売っておらず、結局コンビニで買ったそうです。
どうでもいい息子のこだわりに付き合ってくださり、本当に頭の下がる思いです。
感謝感謝。。
私にはヘルパーなど出来ないわ。
わがままな息子のこだわりに付き合うそんな根性は微塵もないから。。