蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

あらら。。

昨日は大喜びで帰ってきました。
夕飯を食べてる時も、ずっとゲラゲラ笑いっぱなしです。
本当に楽しかったみたいですね〜。
移動支援が使えるようになって、富山市で一番喜んでいるのは間違いなくうちの息子でしょう。
ところで、オバチャンヘルパーさんに聞いたら、「自分も入りました。」と言うので、ビックリしました。
それで、ラインで写真を送って来なかったんだ。
確かにプールサイドでボーッと立ってるなんて暑くて耐えられないんだけど、チャレンジャーですよね〜。
恐れ入りました。
勇猛果敢なヘルパーさんのお陰で、息子は誰にも負けないくらい充実した日々を送っています。