蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

またフラれた。

今日は移動支援利用の3人でミラージュランドのプールへ行く予定でしたが、朝から雨に降られてしまいました。
去年もミラージュランドのプールにフラれましたが、どうも縁がないようです。
そのため、予定を変更して健康パークへ行きました。
よく考えたら健康パークにも外のプールがあるんですね。
顔と腕がうっすら赤く焼けて帰ってきました。
ヘルパーさんからは名前は言いませんでしたが、後輩君が急な予定変更に更衣室でパニックになり、荷物が散乱したようです。
息子の荷物に間違いがないか確認するように言われましたが大丈夫でした。
私は後輩君たちが息子と一緒に活動することで、落ち着いて行動することは得なことなのだということを知って欲しいと思っています。
落ち着くことで視野が広がり、楽しさが倍増することを学んで欲しいと願っています。
重度の障がい者は同じ重度の人といると足を引っ張り合ってしまいます。
ピリピリしない間柄同士で行動したほうがいい。
これからも息子はなるべく後輩君たちとお出かけが出来るように心掛けていこうと思います。