蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

もしかしてモンスターペアレント?

今日は作業所の遠足です。
いつ行き先を私に教えてくれるかとずっと待っていましたら、昨日の帰りにようやく例の女の職員さんが来てくれました。
「何か遠足のお知らせ聞いておられますか?」と言うので、「いいえ」と答えると、明日は小矢部アウトレットモールへ行くのだと教えてくれました。
実は、先週息子と契約している相談支援事業所とは別の事業所の人が「息子君の作業所は今度アウトレットモールに行くんだってね」と教えてくれたのです。
で、行き先は知ってはおりましたが、作業所がいつ教えてくれるかと試していました。
結果的には昨日ギリギリでしたねぇ。。
後輩の女の子によると、買い物をしたい人はお小遣いを持って行っても良いという話を全体にしていたそうです。
息子も聞いているはずですが、そんなこと私に伝えるはずもなく、相変わらず重度の利用者の保護者のことは気が利かないようですねえ。
遠足は本人しか行かないけど、服装や持ち物の準備をするのは母親なのに・・。
施設外就労についても行ってるはずですが、いつ行ってるのかさっぱり分からず、もうどうでもいいや。
こんなことばかり書いてる私はもしかしてモンスターペアレント?!
でも、普通子供のことは気にしないかい?
健常者の親だって、今日どこに行ってたくらい聞くだろ