蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

いい企画だが。。

昨日、息子が作業所のプリントを持ち帰ってきました。
ビアガーデンのお誘いのチラシでした。
以前はサラリーマンとして働いていたが、障がいのために行かなくなった利用者さんや、息子のように二十歳になって飲酒が可能になった利用者さんのために、職員さんが企画してくれたのです。
素晴らしいですね。
社会人として一人前のことをさせてくれる作業所の企画に感謝。
でも、前売り券が3,500円とはちと高い。
後輩の女の子たちに聞いても、「うちの子はお酒飲まないから今回はパス。」というので私も止めときました。
息子はたらふくご馳走が食べられて大喜びかもしれないけど、また去年のように吐かれても困るしね。
残念ですが、企画は有難いし、とても良いです。