蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

23歳

息子が23歳になりました。
喜ぶべきか嘆くべきか?
どんどんオッサン化する息子ですが、行動とのギャップが広がっていきます。
年相応に生きる難しさを痛感します。
『14歳の挑戦』の頃が懐かしいですねー。
こんな時期もありました。
長いことブログやってて良かったなあ〜。
息子の歴史を感じます。
まだまだこの先も長いぞ!
今日は作業所の花見に行ってます。
誕生日に行事が重なってラッキーだったね。