蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

別のロッカー

作業所の筋トレは先月から不定期に行うことになりました。

なので、作業所にグッズを置いておくよう言われたのですが、これがまた息子がどうしても持ち帰ってしまうのです。

帰りの車に乗る際、バタバタして職員さんも息子が何を持ち帰るかいちいちチェックしている暇がないのでしょう。

それで、普段持ち歩く手提げバッグとは別のロッカーに入れることにしたみたいです。

ま、こういう世話の掛かるヤツのほうが可愛がられるかも知れません。