蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

今年の評価

保護者が記入する評価表を持ち帰ってきました。

しかし、ここ半年くらいどんな作業をしているのか全く分からないので評価出来ない。

他の利用者は「楽しい」とか「仕事がきつい」とか「職員さんが優しい」とか言うのだろうけれど、うちの息子は言葉が理解出来ないし、話せないので聞きようがない。

施設外就労へ行ってからは尚更分からない。

油臭いのか?我慢出来るのか?

仕事は楽しいのか?きついのか?

作業所に戻りたいのか?戻りたくないのか?

全く分からない。

なので、「評価出来ない」として提出しました。

ピカチュウのおまけをくれたりするくらいだから、可愛がってはもらってるんだろうけれど、それが親にまで届いていないのが現状かなあ。。