蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

知能検査

息子は25歳なので、障がい者基礎年金の更新に伴う診断書の用紙が送られてきました。

その前に同じく更新をする障がい者のお母さんからラインが来て、「知能検査せんならんの?」と言っていたので、「何のこっちゃ?」と思っていたら、本当に知能検査を受けるのが義務付けされたようです。

なるほど。。

それで、合点がいきました。

去年エアロビクスのお仲間のお母さんが、「○○君は知能指数が29点で重度になったらしいよ。」と言っていたので、「年金の申請に何で知能指数が関係するのかしら?」と思っていましたが、そういうことだったのですね。

東京で一括で審査するうえで、きちんとした資料が欲しかったのでしょう。

やれやれ。

今年が更新の年なのは分かっていましたから、大学病院の先生には春から診断書のことはお願いしてあります。

先生も、「いつでも書きますから一階の受付に出しておいてください。」と言ってくれていたのですが、知能検査が追加されるとなると予約をして受診しなくてはいけません。

火曜日が先生の担当曜日なのでちょっと大学病院まで行って相談して来ますわ。