蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

私でさえ720円

就労継続支援A型事業所の相次ぐ倒産は今や社会問題化し、昨日の朝のNHKニュースでさえ取り上げていました。

そもそも何故A型など作ったのでしょうか?

能力の高い障がい者なら一般就労しています。

働きたいけどそこまでの能力がないから福祉就労しているのです。

最低賃金を保証するくらい働けるのなら、何もわざわざA型を作る必要はないのです。

 

私の内職は1個4円です。

1時間で180個ほどこなします。

つまり時給720円です。

息子も内職を手伝いますが、せいぜい1時間に50個です。

人並みに出来ないから障がい者なのです。

個々に見合った報酬を支払うよう、A型も軌道修正すべき時期なのではないでしょうか?