蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

懇談会の季節

息子の作業所の懇談会に行ってきました。

今年から旅行は実費になるので、行事費2,000円プラス旅行の積立金2,000円で、締めて4,000円が毎月引かれるらしいです。

クーッ!!

これでは皆勤賞で5,000円もらったところで、1,000円しか残りません。

でも、皆勤賞を狙わないともっと悲惨なことになりますね。

それでも、食費や送迎費は負担0円だから我慢するしかないのかな。

息子は移動支援であちこち行ってるので特に旅行なんて行かなくても良いのですが、利用者さんを見てると高齢の方がいたり、或いは身体障がい者の方がいらっしゃるので、こうした方が自分で旅行に行くのは至難の技です。

作業所の慰安旅行に期待するのは無理もありませんね。

 

就労継続支援A型はどんどん倒産するし、B型はなかなか工賃が上がらない。

こうした現実を厚労省は予測出来なかったのでしょうか?

もっと障がい者はバシバシ働くものだと思っていたのですかね?

甘い考えがこうした現実を生んでいます。