蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

会話が成立

f:id:club-dandelion:20170922115810j:image

くやしい! - 蒲公英日記

 

ジグソーパズルはここまで進んでいます。

輪郭は繋がったのですが、端のピースが一つだけ余ってしまいました。

息子と「おかしいね。余るはず無いのにね。」と不思議がっていました。

息子も自閉症ですから、余りピースが気になって仕方ありません。

「まあ、やってったらそのうち何処が足りないか見つかるやろ。ここに置いておかれ。」と板の隅っこにその余りピースを置いて、私はお風呂に入りました。

お風呂から上がって息子の様子を見に行くと、余りピースがありません。

下を向いて一生懸命ジグソーパズルに向かっている息子に、「あれ?端っこのピース何処やったん?」と聞きました。

そしたら、輪郭の一部を指差し、「ここだよ。」と教えてくれました。

凄い!!

余ってたピースをちゃんとはめられたことも凄いですが、私が驚いたのは、「端っこのピース何処やったん?」と言葉で聞いただけなのに、「ここだ。」と答えられたことです。

会話が成立してるー!

コミュニケーション能力がますますアップやね。

そういえば、名古屋でも地下鉄の駅に通じる通路で私がコーヒーの空き缶を捨てようとして、「お母さん、ゴミ捨ててくるからここで待ってて。」と言っただけで待つことが出来ました。

言葉が本当に分かるようになってきましたね。

 

でも、そうなると豆ちょな文字しか書けなくなったのは凄く残念です。

人の話は理解出来ても、自分の意思を相手に伝える術がないと本当の会話にはならない。

文字はちゃんと書いて欲しいと思う今日この頃です。