蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

楽しい珍道中

昨日はおばあちゃんヘルパーさんとのお出かけパート2でした。 

dandelion2017.hatenablog.com

 

午前中は育成会のボーリング大会に行ってもらいました。

スコア表を持ち帰ってきましたが、70から80台のスコアを出してました。

学生時代はボーリングなんて何が楽しいのかという感じでしたが、最近はプレイの楽しさを満喫しているように思います。

お昼にはボーリングが終わってしまうので、それから山室のバッティングセンターMVPに行ってもらいました。

おばあちゃんヘルパーさんが、「バッティングセンターってあっという間に終わってしまうんですね。私は1回ずつボタンで出てくるのかと思ってました。」と私に言うので笑ってしまいました。

1回につき18球打てるんですが、1回目は4球当たり、2回目は3球だったようです。

おばあちゃんヘルパーさんが、「バッティングセンターとボーリングではどっちが難しいですか?」と息子に聞いたそうです。

おばあちゃんヘルパー曰く、息子は、「バッティングセンターのほうが難しい。」と答えたそうです。

ほんまかいな!!

私でもそんな難しい質問したことないぜ!

おばあちゃんヘルパーと実に高尚なコミュニケーションを取っているので心の中で大笑いしていました。

 

他にもバス時間があったので、ブックオフに立ち寄ったりもしたそうです。

へえ。。

いろんなところに挑戦していますね。

最後は定番のワンダーラボでアニメを2本も観たとか。

静かに観ていたんでしょうかね?

おばあちゃんヘルパーさんとの珍道中。

とても楽しそうで、スリル満点でもあり、息子の成長を感じるコンビネーションだなあと感心させられます。

立派になったね。