蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

いい迷惑

お風呂のシャワーの温度調節がバカになり、修理してもらうことにしました。

予定は2時頃だったのに、大幅に遅れて息子の帰宅と一緒になってしまいました。

業者が水道の元栓を止めると言うので、さあ大変です!

律儀な息子は帰宅早々、洗面所で手を洗おうとしますが水が出ません。

仕方なく台所の水を出そうとしますが、勿論出ません。

諦めてアンパンマンの書写をしてくれると思いましたが甘かった。

お風呂に近い年寄りの部屋でジッと修理が終わるのを眺めながら待っています。

しかも、テンションが高くゲラゲラ声を出して笑っています。

黙っていれば障がい者だと気付かれないのにバレバレ。。

20分ほどして修理が終わり、ようやく水が出ました。

息子はいつものルーティンが行えて満足の様子。

全く、業者さんにはいい迷惑な野郎でした。