読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

謝罪

昨日の連絡帳には、「申し訳ありませんでした。」と謝罪文が書いてありました。

まただよ! - 蒲公英日記

他のお母さんたちは特に問題ないのかしら?

「よその作業所さんからイベントのお誘いがありました。希望者だけで行こうと思います。この日は職員会議で半ドンの日ですが、10時くらいから行って13時時には帰ってくる予定です。食券は1枚分を作業所が出し、それ以上買う場合は手出しお願いします。」

これだけ書いておけば、誰でも「あー、はいはい。」と納得するではないですか。

何故このようなちょっとした手間が出来ないのでしょう。

やっぱり男の職員はダメですね。

特にオッサンは、心配りがなく、福祉の仕事に向いていないように思います。