蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

30時間をどうする?

 

dandelion2017.hatenablog.com

 さて、お陰様で毎月の延長申請がなくなった移動支援ですが、月に30時間となると一体どこに行ってもらいましょうか?

30時間のうち6時間は健康パークなので、正確には24時間となります。

ということは、1日8時間の利用ですから、約3日ということになります。

せっかくだから、月に一度はプールでリフレッシュとしたいところですが、そうなると着替えが付いて回りますから、どうしても男のヘルパーさんということになってしまいます。

ただでさえ、男のヘルパーさんはなかなかいませんから、女のヘルパーさんでも十分対応できるうちの息子に男のヘルパーさんが付いてもらうと少し勿体ないような気がします。

そうなると、誰かと一緒にグループ支援でプールに行くという方法を取らなくてはならなくなります。

ま、うちはそれでも全然構いませんけどね。

 

プール以外でどこに行くかとなると、これまた難しい問題です。

重度の知的障がい者ですから、映画や図書館へというわけにはいきません。

やはり前回のますの寿司作りのような体験型のお出かけが良いような気がしますが、富山はなかなか面白い体験のできる場所がないのが現実です。

 

dandelion2017.hatenablog.com

 

どこか女のヘルパーさんでもオッケーで、なおかつ体験のできるワークショップみたいなところはないでしょうか?

誰か教えてくださいな。