読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

スニーカー交換

一昨日のタラソピアは、後輩の男の子と行きました。

男の子といっても、成人式の終わった立派な青年です。

昨日、何気に息子のスニーカーを見ると、違和感を感じました。

「こんな紺色の靴だったっけ?」

どうやら、履き間違えて帰ってきたようです。

恐らく、後輩君が先に息子の靴を履いてしまい、仕方なく息子が残った後輩君の靴を履いて帰ったのでしょう。

1センチも違うので、かなり歩き辛かったのではないでしょうか?

すぐに、後輩君のお母さんに連絡をし、さっき落ち合って交換してきました。

後輩君のほうは、むしろ息子の靴にフィットしていたそうです。

いつも大きめの靴を履かせていたのですね。(笑)

男のヘルパーさんばかりだと細かなことにずぼらになるのかな?

何はともあれ、すぐに交換出来て良かったです。