蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

ちょっとしたアクシデント

昨日のエアロビクスは、久しぶりにアクシデントがあって混乱しました。

ミニアルバムを持ってきている子がいて、その子が活動の最中でもちょこちょこアルバムを見に行くのです。

それを気になった別の子が自分もアルバムを見たくて持ち主のリュックから取り出してしまいました。

お母さんが奪おうとすると、かえって本人の欲望に火が点いて、暴れてお母さんを叩いたり、エアロビクスの講師も止めに入ったりと、大混乱になってしまいました。

他のお母さんたちも事を鎮めようとしますが、怪我をしては元も子もないので立ち尽くすばかりです。

数分ほど押し問答を繰り返し、ようやく事態は収まりました。

どうしたら良かったのかな?

静かにアルバムを見せてあげたら本人も気が済んだのかしら?

でも、ふざけて写真をバラまくかもしれません。

一番良いのは、私物を持ち込まないことです。

アルバムを持ってきた子は、一人でも参加出来る子で、お母さんは送迎だけしていました。

昨夜のうちに大切な物は持ってこないようお願いしておきました。

障がい者同士ではトラブルは付き物。

これが原因でもう参加しないなんてことがないよう、お互いがお互い注意を払っていきたいものですね。