読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒲公英日記

自閉症の青年のお話です。

ダブルブッキング

前にも話したとおり、年寄りのデイサービスが変わって、朝のお迎えも息子と同じような時間になりました。

 

dandelion2017.hatenablog.com

 

まあ、好都合といえば、好都合のような。。

息子は、作業所の車が来ているにもかかわらず、年寄りの送迎車をしげしげと見ております。

早よ乗れ!!

しかし、ダブルブッキングだと、これから春だから良いけれど、また冬になると余計に広めに除雪しなくてはならず、ますますこの老体に負担が掛かることなりますね。

やれやれです。

 

 

そうこうするうちに、夕方になって年寄りが帰ってきました。

車椅子を押して家に入ろうとしたら、送迎車の中から「まだ私のうちに着かんがかね?」という叫び声にも似た大声が聞こえてきました。

あまりに元気が良すぎるので、下校途中の小学生の声かと思うくらいでした。

ちょっと認知症入ってる利用者かな?

前のデイサービスではあまり見られなかった光景ですが、今度のデイサービスには結構手のかかる利用者さんがおられるようで、ちょっと障がい者施設に似てきたななどと思う私でした。